研修等について

建設ICT技術研修 建設業におけるドローンの活用

標記研修は15社16名の方にご参加いただきました。

実施状況はこちらをご覧下さい。

    研修状況(R1建設ICT技術研修~建設業におけるドローンの活用~)

 

○目  的
 建設業の現場では、無人航空機(ドローン)の活用が急激に進んでおり、その用途は測量や工事の進捗・出来形管理など広範囲であり、
今後も更なる利用が見込まれます。
 災害の被災状況の把握、ICT活用工事や測量業務においてドローンを活用できる人材を増やすため、ドローンの基礎知識の習得と、
基本操作及び自動航行の技術等を習得します。


〇日 時 令和元年11月28日(木)13:00~16:45

○場 所 156ドローンステーション 株式会社 ROBOZ
     (郡上市美並町上田1593)

〇内 容 1)
ドローンの基礎知識の習得
       ・航空法改正の経緯及び概要 ・利用に関する安全管理
       ・建設業における活用方法  ・ドローン基本操作説明
     2)ドローン操作実習1
       【屋外】基本操作実習及び自動航行の体験
       ・グループに分かれて実施(一人当たりの操作時間は20分程度)
        使用機器:DJI MAVIC2 pro
     3)ドローン操作実習2
       【屋内】プログラミングドローンの操作実習
       ・グループに分かれて実施(一人当たりの操作時間は5分程度)
        使用機器:DJI TELLO
     4)産業用ドローンのデモ飛行
        使用機器:DJI Inspire2、DJI Mavic2 enterprise dual
        (赤外線サーモカメラ、拡声スピーカー、ビーコン搭載)

〇講 師 株式会社ROBOZ  石田宏樹 氏

○対象者 岐阜県内に本店が所在する建設関連企業の社員(ドローン操作初級~中級者)

〇定 員 20名

○CPDS 4ユニット

○受講料 5,000円(テキスト代等)

○主 催 建設ICT人材育成センター((公財)岐阜県建設研究センター内)