事業方針について

建設人材の育成・確保を図るための取り組みに関する基本方針

ぎふ建設人材育成・確保連携協議会

建設業は、社会基盤の整備や維持管理を支えるとともに、地域防災力の要として重要な役割を担っているが、近い将来高齢化に伴う大量の離職により担い手不足が懸念されており、若手や女性などの将来の建設産業を担う人材の確保・育成が喫緊かつ重要な課題となっている。
こうした中、産学官が一体となって県内の建設人材の育成・確保に向けて、以下に取り組むこととする。

1 県内建設関連企業の魅力PR

建設業の役割や魅力を広く県民へのPRに取り組む。

2 県内建設関連企業の魅力向上

建設業の労働環境の整備、処遇の改善等に取り組む。

3 建設人材育成・確保

建設業の担い手育成や新規入職者の確保・定着に取り組む。

4 人材ネットワーク構築

建設業の担い手確保に取り組む人材ネットワークの構築に取り組む。

 

当基本方針に基づき、協議会に参画する各団体が連携・協働し、研修や魅力発信事業を実施。

 

基本方針に基づく令和元年度の主な事業(PDF)