センターについて

「建設ICT人材育成センター」の設立について

建設ICT人材育成センターは、地域のインフラ整備やその維持管理、また災害発生時など緊急時において県民の安全安心を担っている建設業の人材確保と育成に、産学官が一体となって対応するための組織として、平成30年4月1日に設立されました。

事業内容は大きく分けて3つ。

1つ目は、建設ICTなど、建設業の技術力・経営力向上を図る「建設業担い手育成事業」
2つ目は、建設業の魅力発信や、新規入職者の確保・定着を図る「建設業担い手確保事業」
3つ目は、県・市町村等の建設技術職員を対象に技術力向上を図る「建設技術職員研修」

と、なります。

当センターの各種事業は、平成30年6月13日に発足されました「ぎふ建設人材育成・確保連携協議会」の事業方針に沿い、皆様のニーズや必要性を踏まえ、内容を充実してまいります。

今後とも何卒、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

「産学官連携による建設人材の育成・確保の取組み」の概要についてはこちら(PDF)

事業内容について

将来の県土づくりを支える建設人材の育成・確保を図るため、建設現場における生産性の向上のための研修事業や、建設業の魅力発信事業等を積極的に展開してまいります。

建設業担い手育成事業

生産性向上に向けた建設ICTの担い手育成や建設業者の技術力・経営力向上のための事業を実施。

建設ICT研修

建設現場の生産性向上を図るため、建設ICTの導入促進と技術者育成のために必要な研修を実施します。

技術者基礎能力向上研修

新人や中堅技術者の段階的なステップアップに必要な研修を実施します。

技術力向上セミナー

施工計画や工程管理、施工・品質管理等、建設技術者の基本となる研修を実施します。

経営力向上セミナー

働き方改革や人材育成・確保等、企業の魅力向上のための研修を実施します。

建設業担い手確保事業

建設業の魅力発信や新規入職者の確保、定着を図るための事業を実施。

親子土木見学ツアー

土木の魅力を伝える、小中学生親子バスツアーを開催します。

建設関連企業と学生との交流サロン

建設分野に携わる技術者が学校を訪問。学生と交流することで不安や疑問を解消します。

建設業担い手確保事業等の総合的なPR

岐阜県内の建設担い手育成・確保に係る各事業を、オール岐阜・企業フェスやホームページ等で広くPRします。

建設業初任者研修(建設ルーキーズキャンプ)

建設業初任者の早期育成と、業界への定着を図るために必要な研修を合宿形式にて開催します。また約半年後にフォローアップ研修を実施します。

建設技術職員研修

県・市町村等の建設技術職員の技術力向上を図る研修を実施。

県・市町村技術職員研修

建設行政における多種多様な課題に対応するために必要な研修を実施します。

(災害復旧研修、i-Construction研修、橋梁点検研修 等)