建設分野における外国人材に関する相談窓口の案内業務について

外国人材の受入れ(在留資格「特定技能」)に関する相談窓口の案内業務を行っています、お気軽にお問合せください!

 

○目  的  
 外国人材の受入れについて、新たな在留資格(特定技能)が創設されました。建設業においても、現場の生産性向上や国内人材確保に取り組んだ上で不足する4万人を特定技能外国人として受け入れることとなりました。新たな制度における相談窓口を適切に案内することで県内企業の外国人雇用を支援します。


○対  象  岐阜県内に本店が所在する建設関連企業

○業務時間  9:00~17:00(土・日・祝・年末年始を除く)

○業務内容  外国人材の受入れ(在留資格「特定技能」)に関する相談窓口の案内を行います。
       各種問合せにおける相談窓口は下記リンク先のとおりになります。

       「外国人材の受入れに関する相談窓口一覧.pdf


○手続概要  受入れ手続きの全体像→「建設分野における外国人材の受入れ

       【現在受入れ対象となっている職種】
         型枠施工、左官、コンクリート圧送、トンネル推進工、建設機械施工、土工
         屋根ふき、電気通信、鉄筋施工、鉄筋継手、内装仕上げ (計11職種)

 
○担  当  建設ICT人材育成センター 人材育成担当 立沢、上田、近藤

       電話:0584-75-7002(※)  FAX:0584-81-1352

       E-mail:kensyu-tk@gifu.crcr.or.jp

       ※相談窓口案内の専用回線になります。研修等については電話:0584-71-7001にお問合せください。


○そ の 他   当センターでは、外国人材の雇用と育成について10月17日にセミナーを開催します。
        詳細は下記リンク先のとおりになります。

       (10月17日)経営力向上セミナー ~外国人材の雇用と育成~ 募集案内
067tabunka.gif