トップ > 最新情報

「G空間セミナー2022 in GIFU」の開催について

 今秋、岐阜県建設研究センターでは、県内自治体における政策決定や防災・減災対策の高度化、社会資本の適正管理など、G空間情報の高度な利活用を促進することを目的に「G空間セミナー2022 in GIFU」をオンラインにて開催致します。

 今回は自治体や住民が直面する地域課題解決に向けての取組みの中で、GISや空間情報の活用方法に焦点をあて紹介してまいります。防災・減災或いは防犯・交通安全対策など様々な空間情報の利活用によって行政と住民が共に「住み良いまちづくり」に貢献できる取組など地域全体で目指すべき姿について皆様と共に考えます。

参加希望の方は、下記「申込先」からお申し込みください。


G空間セミナー2022 in GIFU

行政と地域をつなぐ空間情報
~「地域を守る」GIS~

日 時    2022年10月13日(木) 13:30~15:30

場 所    オンライン開催(Microsoft Teams) ※URLは後日参加者へ連絡します。ブラウザのみで視聴できます。

参加費    無料

対 象    ・地理空間情報(GIS、オープンデータ)を業務で活用したい県内自治体・行政職員の方
       ・地理空間情報の利活用に興味のある企業・市民・学生の方

定 員   100名


内 容   (13:00~) Microsoft Teamsスタンバイ  ※参加者は通知のURLよりTeamsに接続してください

13:30  開会

13:40  基調講演 「DX・メタバース時代の地理空間情報とオープンデータ」

    あおきGIS・オープンデータ研究所 代表 青木 和人 氏 

     基調講演資料_青木和人氏.pdf  8.9MB

14:30  事例発表1 「千葉市 ちばレポ(My City Report)~ICTを活用した市民協働のまちづくり~」

     千葉市市民局 市民自治推進部 広報広聴課 鈴木 翠 氏

     事例①_千葉市  5.4MB

14:50  事例発表2 「岐阜県デジタル版『災害・避難カード』の取組みについて」

     岐阜県危機管理部 防災課 伊藤 亮平 氏

     事例② 岐阜県防災課  1.9MB

15:10  事例発表3「大野町自治会『ひやりマップ』レポート~GISを使ってひやり箇所を点検~」

     各務原市大野町自治会 耀く大野町まちづくり委員会事務局長 鈴木 智晴 氏 

     事例③ 大野町自治会  1.4MB  関連資料 大野町ひやりMAP(表).pdf  0.8MB

15:30  閉会

      ※プログラムの内容は変更になることがあります。


主 催   岐阜県・(公財)岐阜県建設研究センター

申込先   インターネットから受付ます。下記よりお申込みください。 
      ※Microsoft Edge か Google Chromeで開いてください。

      G空間セミナー2022 in GIFU 申込フォーム

問合せ先  事務局  (公財)岐阜県建設研究センター ふるさと地理情報センター 石川・恒川

       TEL    0584-81-1357

       E-mail  GIS@gifu.crcr.or.jp

開催案内  「G空間セミナー2022 in GIFU」詳細はこちら   ※随時更新