研修等について

建設ICT PC研修 ~電子納品に学ぶ建設業のICT活用 基礎・応用編~

標記研修は16社20名の方にご参加いただきました。

実施状況はこちらをご覧下さい。

    研修状況 (R1建設ICT PC研修(電子納品))


○目  的
 これまで公共工事の納品条件として業界全体が対応してきた電子納品。その目的は、効率化・生産性向上にありますが、現場の部分最適化で終わっているのが実情です。そこで、より効果を生むためのWindows環境構築そしてファイル管理手法、ICT活用までを体系的に学ぶことができる、ひとり1台のパソコンを使った実機体験型の研修を行います。


〇日 時 令和元年8月27日(火)~8月28日(水)10:00~17:00

○場 所 建設ICT人材育成センター
     (大垣市今宿6-52-18 ワークショップ24 4階)

〇内 容 「電子納品に学ぶ建設業のICT活用 基礎・応用編」
      ・
建設業の最新情報(i-Construction、働き方改革、電子納品など)
      ・建設業の業務に必須のWindows7および10基本環境の構築
      ・本社/現場での効率的なファイルの管理手法
      ・現場でのデジカメ活用法と写真ファイルの管理/工事書類ファイルの管理
      ・電子納品から学ぶ建設業の本格的ICT環境

○講 師 NPO法人京都情報研修センター 理事 北野雅史氏

○対象者 以下の要件を満たしている方が対象です。
      1.岐阜県内に本店が所在する建設関連企業に従事し電子納品等の業務を担当されている方
      2.Windowsの基本操作を理解されている方
       (パソコン操作などに初級~中級程度の知識・経験を有する方)

〇定 員 40名

○CPDS  12ユニット

○受講料 5,000円(テキスト代等)

○主 催 建設ICT人材育成センター((公財)岐阜県建設研究センター内)