トップ > 建築ICT・GIS > 積算システム運用事業

積算システム運用事業

岐阜県設計積算システム(以下、積算システム)は、岐阜県が昭和57年に第1次開発を行い、昭和59年より運用を開始したシステムで、現在各土木事務所、農林事務所、その他現地事務所で利用されるほか、39市町村及び5外郭団体(以下、団体等)にも提供されています。
このシステムの団体等への提供にあたり、岐阜県が定めた提供規程において建設研究センターは幹事団体に位置づけられており、これに基づいて団体等に対してシステムや歩掛・単価表の保守、システムの操作方法等に関する問合せ業務を行っています。
また、当センターでは上水道積算システムを開発し、同時に団体等への提供と各種保守を市町村等へ提供しています。
積算システムは、導入当初より26年が経過し、その間、情報通信技術の発展に伴いシステムを取り巻く環境が大きく変化しています。
そのため、今後、当センターでは、今後の積算システムの開発及び運営における現状の課題と対策を検討し、サービスレベルの向上と共に新たな県・市町村共同化積算システムの確立を目指しております。

岐阜県設計積算システム 岐阜県設計積算システム

問い合わせ先

社会基盤情報部 情報システム課 情報システム係

TEL 0584-81-1357