トップ > 概要 > 法人の概要

法人の概要

理事長ごあいさつ

 

 公益財団法人岐阜県建設研究センターの業務運営等につきましては、皆様方に格別のご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 当センターは、昭和45年4月に財団法人岐阜県技術センターとして設立され、平成12年4月に公共施設の建設に関する総合的な調査研究等を目的とした財団法人岐阜県企画設計センターと統合しました。
 また、平成25年4月には公益財団法人へ移行し、当センターは「建設行政総合支援機関」として建設事業に関する調査・研究、研修、設計、積算、現場管理、建設ICTなどの多分野に亘る業務を通じて、県や市町村の建設行政の円滑な推進を支援しています。


 さて、岐阜県内の建設行政を取り巻く社会情勢を見てみますと、近年各地で頻発する局地的集中豪雨や近い将来発生が予想される南海トラフ巨大地震などの大規模自然災害への備えや、高度成長期に急速に整備された社会インフラ施設の老朽化への早急な対応、多様化、複雑化する県民ニーズへの適切な対応、さらには人材の確保・育成など課題が山積しています。
 そのようななか、当センターは、これまでの実務経験で蓄積したノウハウを活かし、建設行政の総合支援や災害復旧支援やニーズにあった調査・研究や研修による効率的かつ経済的な行政手法の提案や人材育成、県域統合型GISを活用した建設ICTの推進に努めてまいります。


 また、当センターは平成27年3月に中部地方整備局・自治体及び学識経験者で構成された「品質確保に関する推進協議会」から土木、建築分野において「公共工事発注者支援機関」に認定されました。
 職員一同、当センターの行動指針である「高度な技術」、「丁寧な対応」、「確かな信頼」に沿って業務を遂行し、発注者のご期待に応えるために全力を尽くしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

平成29年4月

公益財団法人岐阜県建設研究センター
理事長 髙木 善幸

koudousisin.jpg