トップ > 研修・セミナー・研究 > スマートフォンを活用した道路施設の維持管理手法に関する研究

スマートフォンを活用した道路施設の維持管理手法に関する研究

 岐阜大学との共同研究により、市町村の道路維持の高度化・効率化のため、スマホを用いた道路性状調査を試行し、活用策の研究を進めています。

   市町村では細かい道路まで簡易に調査できる仕組みが効果的

   走行時の振動をスマホで計測し、舗装状況を評価するシステムを試行

sumaho02.jpg

スマホを車にセットして振動を計測する。

 

sumaho01.jpg

スマホによる振動データ収集のイメージ(スマホに内蔵されたGセンサーを活用。㈱富士通が開発)

 富士通:スマートフォンを利用し、岐阜県内市町村の道路舗装維持管理を支援

                      研究の概要